ローコスト住宅は最近人気【トクトクお得な住宅情報】

不動産

住宅購入とその特徴

住宅の購入とその方法

一軒家

一戸建て住宅を購入する場合、大きく分けて分譲住宅と注文住宅の2つの購入方法がある。注文住宅では、土地の購入や間取りの設計、デザインなど、住宅を1から建設していくものであり、より自分に合った家とするメリットがある。しかし注文住宅では、家を建てる課程に携わっていくことから手間がかかることや、費用も高めになる傾向がある。これに対して、分譲住宅ではハウスメーカーや不動産会社が、土地の購入や設計などのすべてを行い、建設したものを販売するため、購入者としての労力は少なく済む。また、同じデザインの家を複数建てるなどによりコスト削減が図られ、低コストで購入できるメリットもある。これらのメリットから、分譲住宅の利用が広がっており、今後も利用の中心になると見込まれる。

購入における工夫

分譲住宅で一戸建て住宅を購入する際の工夫として、いくつかのことがある。まずは、物件の見極めがある。分譲住宅では、建築前から購入者を集い、建てる前には購入者が決まっているケースがある。しかし物件の中には、購入者が見つからないケースもある。このような購入者が見つからないケースでは、業者としても早めに売却したいために、販売額を下げるケースがある。その為、そのような物件を探すことが、分譲住宅を安く購入する工夫として重要になる。また、分譲住宅では複数戸を同時に建設し、販売するケースが多いが、角の場所や日当たりの良い物件から売却が進む傾向がある。その為、条件の良い物件を購入したい場合には、早めの購入がポイントになる。